i+Land nagasaki/アイランド長崎で夏満喫の子連れ旅行

今年の夏は長崎市内から30分程で行ける伊王島にある『アイランド長崎』に行ってきました。

家族と、両親と一緒に行きましたがこれが大正解!

期待以上に楽しい思い出となりましたよ。

早速ご紹介していきまーす♪

アイランド長崎(i+Land nagasaki)の予約方法やおすすめプランは?

予定が決まったら早めに予約!がベストです。

特に今回は7月中旬の週末。

予約が早い方がお値段も安かったです。

お部屋の種類もプランもたくさんあるので内容をよーくチェックしてみてくださいね。

今回は夫と私と息子2人の4人でファミリーロッジに宿泊しました。

一緒に行った両親も同じファミリーロッジに大人2人で宿泊です。

複数部屋を予約する場合、違うタイプのお部屋にすると棟自体が離れてしまうのでできれば同じお部屋タイプを選ぶことをおすすめします。

アイランド長崎
一歩中に入るとリゾートな雰囲気

また、食事についてですが伊王島は小さな島です。

他の飲食店を探すより、ホテル内で済ませた方が特に子連れの場合は楽だと思いました。

朝夕2食付きプランにしておけば食事の心配をしなくてよいのでこちらがおすすめです。

予約方法は

☞ 公式サイトから(要会員登録)

☞ Yahoo!トラベルから

☞ じゃらんネットから

☞ 楽天トラベルから

最安値を見比べたいならこちらから検索してみてくださいね。

アイランド長崎(i+Land nagasaki)での過ごし方

今回は子連れ(小学生男子2人)での旅行。

ホテル内での施設も充実していたので、なるべくホテルに長く滞在するように計画しました。

目的はビーチ遊びを満喫する!

温泉を楽しむ!

これだけは事前に決めていました。

アイランド長崎の海水浴場

朝早くに自宅を出発して、市内でお昼を食べてそのままビーチに直行。

(初めてで分からなかったので海水浴場に一番近い駐車場に停めてそこから歩いたのですが、先に宿泊棟最寄りの駐車場に停めてフロントによれば無料のバスチケットがもらえたそう)

ホテルビーチバス

ビーチというのは伊王島の施設のエリア内に作られている『海水浴場コスタ・デル・ソル』という海水浴場です。

人も多くなくゆったりと過ごせます

夏の間の期間限定ですが、桟敷席があるのでぜひこちらを利用してみて下さい!

おしゃれでおすすめですよー、テンションが上がります♪

桟敷席
ソファーの桟敷席

指定席でグループごとに場所が指定されます。

利用料金もかなり手頃です。

大人410円、高校生200円、中学生以下無料です。(利用当時の価格です2020.07)

ヨギボーの桟敷席
一番人気のヨギボーの桟敷席
アイランド長崎
テーブル席もありました

初日は夕方までこちらのビーチで過ごしました。

アイランド長崎ガゼボ
めちゃくちゃ雰囲気良し

売店もあり軽食やアルコール類も買えるし、ロッカーあり、シャワールームあり(有料)です。

私は妊娠中ということもあり海には入りませんでしたが、とても快適に過ごせました。

別料金ですが、浮き輪などのレンタルやインスタ映えなガセボもありましたよ。

アイランド長崎
ガゼボがオシャレすぎました

他にも小さい子ども用のプールがあったり。

アイランド長崎

砂浜での遊び場も無料でした。

アイランド長崎
子どもたちは好きですよね

アイランド長崎でトゥクトゥクレンタル島めぐり

アクティビティーはたくさんありすぎて、今回は私たちが利用したものだけご紹介します。

2日目の朝に、先にお部屋はチェックアウトして11時ごろからトゥクトゥクをレンタルして島めぐりへ。

あの、タイで乗れるトゥクトゥクですよ!

アイランド長崎
人気なので早めの予約がおすすめ

運転する人は30分程度の講習が必要ですが、こちらも無料でレンタルできました。

これで島を一周します。

アイランド長崎
伊王島灯台

風が気持ちよくて子どもたちも大はしゃぎ。

島の一番奥には伊王島灯台があり、そこには夕日丘展望台や灯台記念館があります。

展望台からの眺め

ホテルが運営する『岬カフェ』もありこちらはセルフで日本茶を頂けます。

岬カフェの利用も宿泊客は無料でした。

アイランド長崎
岬カフェ

※ 島内には同じようなコンセプトの5つのカフェがあるのですが、利用したのはこちらのみ。ほかのカフェも無料でコーヒーなどのドリンクを楽しめたのかもしれません。(ちょっと未確認です。)

アイランド長崎内の移動は自転車も使える

レンタサイクル、なんですが、それぞれの施設が離れているので移動に自転車を使うことができます。

手続きは不要で、各施設にある駐輪場に置いてある自転車は自由に使うことができます。

サイズも子ども用からミニサイクル、大人用、電動自転車など色々あるのである程度自転車を乗りこなせる子どもなら大丈夫です。

アイランド長崎の写真スポット

なんだかオシャレな写真スポットもあったのでこちらもぜひ使ってみるといいですよ!

けっこう家族で盛り上がりましたw

アイランド長崎
右がテラスロッジの棟です

アイランド長崎で宿泊したお部屋について

お部屋は『テラスロッジ』という2階建てアパートようなのタイプのお部屋を選択しました。

アイランド長崎
ハンモック惹かれてここに決めました!

2階が両親が泊まったお部屋で1階が私たち家族が泊まったお部屋です。

ベッドは広々ふかふか、お部屋は清潔感があり気持ちがいい。

アイランド長崎
2人~4人まで利用できました

コーヒーが付いてないのと、お風呂はシャワールームのみになっていた点がちょっぴり残念。

アイランド長崎
でもダブルシンクの洗面所はポイント高い!

でもここは温泉施設も充実しているのでお部屋のお風呂ははっきり言って不要です。

アイランド長崎
次はコーヒー持参で!!
アイランド長崎
ここで朝の一杯を頂きたい

アイランド長崎での食事プラン

アイランド長崎では2食付プランがおすすめです!

アイランド長崎、テラスダイナーでの夕食

食事は宿泊棟のすぐ隣のテラスダイナーという建物での夕食でした。

今回は公式サイトから予約を入れていたのですが、予約したプランが出発直前にはなくなっていて、詳しい写真とかの内容を確認することができなくなっていました。

予約したときに食事内容など、プランの詳細はスクリーンショットを取っておけばよかったなぁと後から思いました。

夕食はコースになっていて(これまた予約したプランによって品数が少し違うようでした。)飲み物は別料金。

小学生の子どもには大人とは別の子ども向けのコースが用意されていました。(写真撮り忘れた!!)

『テラスダイナー』で頂く夕食は、けっこうお肉料理が多いがっつりメニューでした。

最後にデザートまでついていて大満足!

アイランド長崎の朝食会場は2か所

朝食は『和食』か『洋食』かどちらかを選ぶことができ、会場も異なります。

『和食』は少し離れたエリアが会場だったため、夕食と同じくテラスダイナーでの『洋食』を選びました。

アイランド長崎
ビュッフェタイプの朝食、クロワッサンは必須!
アイランド長崎
長崎名物のトルコライスも作れます

焼き立てパンがとっても美味しく、好きな具をチョイスして席でスープを作れます。(お鍋はSTAUBでしたよ。)

アイランド長崎
席で作れるあったかスープ

※ テラスダイナーのすぐ近くにパン屋さんがありそこで焼いたパンがサーブされます。すんごくいい香りであまりに美味しかったのでおみやげに買って帰って翌朝の朝食にしました。

アイランド長崎の温泉施設について

現在は『Ark Land Spa』(2020年7月当時はまだ建築中)、『ミナトスパ岩盤テラス』『大浴場ユユスパ』の3種類の温泉施設が利用できます。

そして滞在中、(なんとチェックイン日の朝からチェックアウト日の営業終了時間まで!!)宿泊者は無料で利用できます。

さらに、どの施設でも受付でロッカーキーとタオルをもらえるので財布も持たず、手ぶらで温泉に入ることができるのです。(チェックアウトをした後は支払い明細の提示が必要でした。)

お水やリフレッシュウォーター、なども無料で頂けるのでなんだか至れり尽くせりでよかったです。

1日目にビーチ遊びの後にポートエリア内にある『ミナトスパ岩盤テラス』を利用。

アイランド長崎
こちらのミナトホテル内に入っています。

ここにはリラクゼーションルームがあって漫画や雑誌が自由に読めます。

息子たちはたった1泊の滞在中にどれだけここで過ごしたでしょう(笑)

早起きして朝食前にも行ってました。

翌日の朝食前にはレンタサイクルに乗ってガーデンエリアへ移動して、こちらの『大浴場ユユスパ』に。

ちなみに和食会場はこのエリアにありました。

その他にも小さい子ども用の『プレイキッズランド』もあります。(小学生にはすでに物足りない感じで、息子たちは覗いただけで利用しませんでした。幼児以下の子どもさん対象かな。)

最後にチェックアウトした後に、トゥクトゥクをレンタルして島めぐりをしたのですが、その後に『島風の湯』(今は拡張されて『アークランドスパ』になっています。)に入りました。

温泉施設はどこも良くて大満足でしたね~。

特に父が岩盤浴をえらく気に入っていました(^_-)-☆

やっぱりわが家には温泉必須なんです~。

アイランド長崎番外編

『アイランド長崎』は色々おすすめしたいところ多くてブログも長くなりました。

最後に、伊王島は市内までも30分程度と近いので欲張って長崎市内観光もできちゃいます。

長崎市内も見どころたくさんあるし、美味しいものも多いので伊王島1泊、市内1泊という欲張りプランでの滞在も良いかもしれません!

チェックアウトした帰りに市内にも少し寄りました。

お昼に『吉宗(よっそう)』でランチ

おみやげには『桃カステラ』、今年はアマビエバージョンもありました。(これは長崎行ったら必ず買うw)

桃カステラ
甘いけどやみつきになる桃カステラ

高速での道のりにある大村湾PAからの景色もきれいですよ。

まとめ

長崎の伊王島、『アイランド長崎』への旅行、いかがでしたか。

今回はビーチ遊びもしたくて夏に行きましたが、ここは季節問わず楽しめそうです。

とにかく私の父がなぜかとても気に入りまして、また行こうと何度も言っています。(一緒に行けて良かった)

最後に今回の旅費

今回の宿泊代の総額は大人4人と小学生2人、朝夕2食付きプランで1泊11万円弱でした。

その他

  • 高速料金 (福岡経由の熊本往復)約10,000円
  • 1日目昼食代(五色うどん) 約5,000円
  • 長崎出島資料館(入場料) 約3,000円
  • 2日目昼食代(吉宗) 約10,000円
  • おみやげ(ほぼかすてら)約3,000円
  • おやつ、飲み物 持参

今年は海外にも行けずでいつもよりわが家にしては贅沢旅行だったかも。(去年の韓国2泊3日の方が安かった気がする…)

アイランド長崎にはまた宿泊したいと思います!


子どもと世界中を旅しよう






私が子連れで旅行をするのは、もちろん旅が好きだから。
知らない国に行ってたくさんのチャレンジをしてみたいから。
ただ、それ以上に旅をするにはこんな理由があります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください