ホーチミンの空港での両替方法、手数料を節約する裏技はある?

海外旅行に行けば必ず現地のお金が必要になってきますね。

私は旅行時の両替は海外キャッシングを利用しています。

なぜキャッシングなのかについてはこちらに書いていますので合わせてご覧ください。

⇒⇒ 外貨両替をお得に簡単に安全にする方法についてはこちらを見てくださいね。

 

今回はホーチミンのタンソンニャット空港で両替(海外キャッシング)をする際のポイントについてご紹介していきます。

 

ベトナムの通貨はドン

 

ベトナムの通貨は10000ドン(一万ドン)が日本円で約50円程度です。

ゼロが多いので慣れるまではちょっと難しいですね。

 

簡単な換算方法は、

10000のゼロを2つ消す、残りを2で割るといいですよ。 

 

例えば、いちばん大きな紙幣は500000(五十万ドン)。

とても大きな数字に感じますが、ゼロを2つ取ると5000、これを2で割って2500円という感じです。

日本の銀行ではベトナムドンの取扱いがある銀行は少ないです。

手数料も割高なので日本での両替はおすすめしません。

 

そのような場合は、日本での空港までの往復交通費+αの現金(日本円)と、海外キャッシングができるクレジットカードを持っていきます。

で、着いたら空港のATMで現地のお金を引き出すという方法をとっています。

 

ホーチミン(タンソンニャット空港)での両替ポイントは国内線

 

到着したらまず、キャッシングというのが私の旅の基本です。

ここ、ホーチミンのタンソンニャット空港では、日本からであれば国際線に到着しますが、着いたらそのまま国内線に移動します!

飛行機を降りて、荷物を確認したら一旦外に出ます。

タクシー?等と声をかけられると思いますがそのまま右側へ進みます。

※ここはぼったくりも多いのでご注意下さい!

タクシーに乗るなら国内線にあるタクシー乗り場の方が安心です。

 

国際線を過ぎるとすぐとなりが国内線なのでそこまで移動します。(国内線は1階建てのビルです。)

到着出口を通りすぎ、出発口の手前に来ると左側にATMが見えてきますのでこちらで現地のお金を引き出します。

※ 到着してすぐに国内線に移動したらダメな場合!

  • すぐに現地のSIMカードを購入したい場合
  • シャトルバスを利用してホーチミンの中心部へ移動する予定の場合

国内線の到着口付近にはSIMカードを販売しているところはありませんでした。(2018年4月)

シャトルバスは国際線側からしか発着していません。

  

国内線の到着口を過ぎてこれが見えたらもうすぐ近くです。            

EXIM BANKのATMを狙え!

 

ベトナムでは現地ATMの手数料が必ずと言っていいほど発生します。

銀行や機械によって違いましたが、だいたい50000から60000ドン。

つまり約250円から300円程度。

けっこう高い!

安全面を考えてこまめに引き出していたらけっこうな金額になります。

それなら一度に引き出しておくか!と思いやってみたらこれまたほとんどの(トライしてみたATMはすべて)引き出し上限金額が2000000ドンしかない。

つまり、最大で約10000円づつしか引き出すことができません。

たまたま、ホーチミンに着いてすぐにキャッシングを試みたEXIM BANK。

手数料がかからなかったのです!

数日後に空港に来たのでまたキャッシングしてみたら、やっぱり手数料がゼロになっているではありませんか。

ホーチミンに滞在中にダナンへの旅行もしたので、ホーチミンへ到着時、ダナンへ出発時、ダナンからの帰りはこちらのATMを利用しました。

 

 

国内線出発口の前には10種類ほどのATMが並んでおりそのうちの1台です。

 

なぜEXIM BANKは手数料がかからないのか?

 

結論からいうと、理由は分かりません。

3回利用してみて3回とも手数料がかからなかったという事実だけです。

(使ったのは3回ともセディナのVISAカード)

滞在中にEXIM BANKの支店を見つけたので寄ってみました。

そこのATMでキャッッシングしようとしたらカード自体が受け付けられませんでした。

窓口に聞いたら向かいのセブンのATMを使えと。

(銀行のATMはクレジットには対応しておらず、キャッシュカードのみのATMだったのかな?)

いやいやそれだと手数料がかかるからお宅のATMでキャッシングしたいんだけどと言ってみた。

手数料かからないよね?ほら、かからなかったのよと空港でのキャッシング明細を見せてみました。

そしたら窓口の人はそんなはずはないと首をかしげ始め…。

求めている説明は得られそうになかったので諦めました。

EXIM BANKのウェブサイトも見てみましたがそれらしき説明は見当たらず。

でも、手数料なしで使えたことは間違いないのでよかったらトライしてみてください。

もしかしたら手数料を節約できるかもしれません。

 

 

ホーチミンのATM事情について

 

ATMは至る所にあります

銀行やコンビニ、ショッピングモールなどで簡単に見つけることができました。

デメリットは現地でのATM利用手数料がかかることと、引き出し限度額が低いところでしょうか。

とはいえ、銀行などで両替するよりもATM利用手数料含めてもやはり海外キャッシングがお得でした。

ここに注意!
海外キャッシングがお得!とはいえ、使っているカードによって手数料や場合によってはレート換算率が違うのでお使いのカード会社の内容をよく確認して利用してくださいね。繰り上げ返済ができるかどうかによってもずいぶん変わります。

私が使っているセディナのクレジットカードは利用手数料かからず、ネットからの繰り上げ返済が可能です。

持っておけばお得に外貨を引き出せますよ。

ホーチミンで、手数料がかかるATMでは、画面操作の後半でこのように手数料が入りますがいいですか?と聞いてきます。

※最近ヨーロッパを中心に、レートの悪いATM(正確には同意しなければ通常のレートで使えるけど慣れていないと知らないうちに定額レートに同意してかなり悪いレートでの取引になってしまう、英語ネイティブでない人ほど引っ掛かりやすい仕組み)もあるらしいのでご注意下さい!

このサイトはキャッシングをイメージしやすいと思うので慣れない方はこちらでシミュレーションしてみてください。

VISAのオフィシャルサイト

実際に利用するとき見慣れない表示が出てきたら要注意です!

海外でATMからキャッシングする方法

 

カードを入れる→ 暗証番号を入力する→  →withdrawal(引出し)ボタンを押す→ Creditボタンを押す→ Withdrawalボタンを押す→ 金額を選ぶ→ 現金、明細、カードを受け取る。

引き出したお金が出てきて少し間隔があきカードが戻ってきます。

この少しの感覚が日本のATMより長くて、カードを受け取り忘れたことがありました。

すぐに気が付いたので事なきを得ましたが、くれぐれもカードの取り忘れがないようにしたいですね。

※ あとは、繰り上げ返済をお早めに!

海外キャッシングは両替以外にかかる費用が少なく便利ですが、あくまでも借金なので利息がかかります。

使用するカードの種類や返済方法を事前に確認されることをおすすめします。

キャッシングできるクレジットカードについて知りたい方はこちらもどうぞ

⇒⇒ 海外キャッシングのクレジットカードを作るならセディナカードがおすすめです


子どもと世界中を旅しよう






私が子連れで旅行をするのは、もちろん旅が好きだから。
知らない国に行ってたくさんのチャレンジをしてみたいから。
ただ、それ以上に旅をするにはこんな理由があります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ご訪問頂きありがとうございます。 夫、息子2人と暮らすアラフォーママ。普段は秘書をしている働くママブロガーです。非日常の空間で自分自身をチャージできる、そんな旅行が好きです。 子どもと一緒にたくさんの経験をして新しい世界を切り開いていきたい!そんな思いでブログ書いてます。 感想などコメント下さると嬉しいです。