コタキナバルへの子連れ旅行記ブログ 2019年夏 Vol.2

更新が長らく開いておりました、というかこちらの続きを書くのを忘れておりました(^^;

早速続きを書いて完結させたいと思います!

コタキナバルへの子連れ旅行記ブログ2019年夏Vol. 1はこちらからどうぞー。

コタキナバル旅行

コタキナバルへの子連れ旅行記ブログ 2019年夏 Vol.1

2020-02-06

 

コタキナバル旅行記 4日目

 

この日は、郊外の『ロッカウィーワイルドライフパーク』に午前中から出かけました。

宿泊しているプロムナードホテルの玄関からGrabで向かいます。

郊外なので持ち物はお水と虫よけ。

お水はペットボトルのものがほとんどなのでボトルホルダーを持参。

子どもでも安心して使える天然成分の虫よけ。(ガス式のタイプは飛行機に乗る際に困るのでミストタイプがおすすめです)

 

車で30分ほどで着きました。

ロッカウィーワイルドライフパークについてはこちらにまとめましたのでよかったら見て下さいね。

ロッカウィ―ワイルドライフパーク

ロッカウィ―ワイルドライフパークへの行き方と楽しみ方!オラウータンにも会える動物園

2019-10-10

ちなみに、シャングリラタンジュンアルリゾートからは送迎のみのシャトルバスがありました。

こういったものを利用するものありですね。

 

ランチはホテル内の中華レストラン『ダイナスティー』

 

ロッカウィーワイルドライフパークから戻り、ホテルでランチタイムです。

たまたま美味しい中華料理が食べられると事前にリサーチしていたので飲茶好きの私のリクエストでこちらに。

ハラルミール対応の、香港式飲茶を食べられるレストランです。

お値段もそこそこ手頃で6人で5,000円(アルコール込み)程度でした。

お腹が空いていたからか、まともな写真がありません(^^;

(子どもはチャーハンであればどこの国でもたいてい食べられます)

 

そのあとはホテルのプールで水遊びタイム。

ホテルからすぐ近くの洗濯屋さんにも行きました。

 

そこで、シャングリラにのホテルの部屋にカメラの充電器を忘れたことに気が付きました。

夕飯はホテルのラウンジで簡単に済ませ、シャングリラに向かいます。

タンジュンアルビーチは実はサンセットで有名なエリア。

さらにビーチまでの道路は一本道、そのため夕方はすごい渋滞でした。

 

無事に充電器を受け取って、ビーチを散策しつつ帰ります。

(シャングリラでは日本人スタッフの方が事前にメールで色々案内をしてくれて、滞在中はLINEでのやり取りもできました。そこに連絡して保管してもらっていたので充電器はすぐに受け取ることができました。)

タンジュンアルビーチはナイトマーケットや屋台も出ていてとても賑やかでした。

 

コタキナバル旅行記 5日目

 

この日は日曜日。

コタキナバルの街で行われる『サンデーマーケット』に向かいます。

街がコンパクトなのでホテルから会場まで散歩がてら歩いて向かいました。

あちこちにマーケットがあります。

 

お目当てのサンデーマーケット(Gaya Street Sunday Market) はかなりの人出でにぎわっていました。

暑いのでここでも水分補給はお忘れなく!

 

サンデーマーケットでのお土産探しはおすすめです!

他のお店よりも安かったし、値引きもしてくれるので気に入ったものがあれば迷わずゲットしてよいと思います。(ただし、怪しいまがい物が売られていたりもしますのでそれには注意です)

おみやげのTシャツやバチック布、コーヒー豆、息子がカメのぬいぐるみを買っていました。

どこを歩いても人が多いので、迷子と手荷物には注意しましょう。

 

この日のランチはモール(スリアサバ/Suria Sabah)に入っていたマクドナルド。

私が行ってみたかったのはこちらのバクテーのお店なんですが、子どもたちのリクエストが優先になりました(^^;

海外では高くつくことが多い気がするマックのですが、日本より安く感じました。

 

午後からも街を散策。

コタキナバルの中でも有名なスポット(ウォーターフロント)を巡りつつホテルに戻ります。

有名な記念撮影スポット

ウォータフロント

サンセットバーがたくさんあります。

 

そして今日もホテルのプールと洗濯屋さんへ(^^;

コインランドリーもあるけど、洗濯屋さんのおばちゃんにお任せしたら畳んで戻ってくるし、何より安いです。

スーパーの袋いっぱいでだいたい300円くらい。

料金は重さで決まります。

受付で名前を伝えて仕上がりの時間を教えてくれるのでその時間に取りに行くだけです。

 

夫は一足先にこの日の夜の便で帰ります。

私のアプリからホテルにGrabを呼んで夫だけ空港に向かいました。

 

この日もラウンジだけで食事(夕食)、種類も多くボリュームもありかつ全く混んでいないので快適です。

もちろんアルコールもフリー。

バーカウンターでシンガポール・スリングを作ってもらいました。

サンセットを見ながらテラスで頂きました。

 

夕食後は、向かいのオシャナスウォーターフロントというモールにちょっとお土産を見にいきます。

このモール、閉店のお店も多くちょっと寂しげなモールでしたがお土産品などは充実していました。

トイレは有料ですので小銭が必要です。

外ではちょっとした遊園地?のようなものがあり、コタキナバルでの最後の夜はこちらで満喫しました。

日本にはない珍しい感じの乗り物で子どもたち喜んでいました。

現金のみの1回300円~500円くらいでお高め(^^;

 

コタキナバル旅行記 6日目(移動日)

 

今日は帰国日。

あっという間のコタキナバル滞在。

もっと長く過ごしたい!と名残惜しい気持ちでホテルで朝食を取った後は、荷物をまとめてチェックアウトし空港へ。

コタキナバルはコンパクトな街で空港へもすぐなので移動はかなり楽でした。

空港は小さいですが『プライオリティパス』で入れるラウンジ、プラザプレミアムラウンジがありましたのでおやつタイム。

 

お昼前のフライトでシンガポールに向かいます。

シルクエアーの機内食がランチ。

こちらはこれでもキッズミール(^^;

2時間ほどでシンガポールチャンギ国際空港に到着です。

トランジットでけっこう時間がある(11時間)のでその間にフリーツアーに参加する予定でした。

シンガポールに着いたらすぐ申込カウンターに急ぎます。

フリーツアーの詳細はこちらにまとめていますのでよかったらどうぞ。

ガーデンバイザベイ

シンガポール航空の乗り継ぎ便で利用できるお得な無料ツアー

2019-11-19

 

何とかぎりぎりツアーに行けそう。

手荷物を預けて空港内でおやつを食べツアーに参加。

ツアーはめちゃめちゃ楽しかったし、シンガポールをもっと満喫したくなりました。

さあ、旅ももうすぐ終わり。

ツアーの後は深夜便でシンガポールから福岡空港に向かいます。

深夜便なので子どもたちは機内ではほとんど寝てくれて楽チン♪

 

無事に福岡空港に到着です。

長いようであっという間のコタキナバルへの5泊7日の旅でした。

乗り継ぎもあり、面倒かなとも思ったけどまた行きたいな~。


子どもと世界中を旅しよう






私が子連れで旅行をするのは、もちろん旅が好きだから。
知らない国に行ってたくさんのチャレンジをしてみたいから。
ただ、それ以上に旅をするにはこんな理由があります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ご訪問頂きありがとうございます。 夫、息子2人と暮らすアラフォーママ。普段は秘書をしている働くママブロガーです。非日常の空間で自分自身をチャージできる、そんな旅行が好きです。 子どもと一緒にたくさんの経験をして新しい世界を切り開いていきたい!そんな思いでブログ書いてます。 感想などコメント下さると嬉しいです。